きんとうん

貯金して年利3%で運用しますよ

できそうならできるという話

予想外に働いちゃったおかげで年末は大台に乗れそうな予感。ついこないだまで年4万しか貯められなかったのは何だったのか。生活費の節減と正規職員への華麗なる転身、そしてそう、みんなだいすき!副業のおかげです。

 

真面目な意味での副業としては、webメンテナンス屋(月1.5万)と顧問的なナニカ(隔月1万くらい・昨年度終了)、そして企画屋をやってます。今年は紙。去年はイベントと動画。イベント当日は人の手を借りますが、基本的に一人でこなしています。

一つ一つは大した仕事じゃない。企画だし・予算立て・手続きなんかのいわゆるイベント事務局みたいなやつの事務局長兼事務員です。書き物は自分でできますが、デザインや音効なんかは引き出しがないので、予算があるときは外注します。予算がなければ自力です。

本業は財務経理なのに、なんでそんな仕事してるんでしょう。

 

やったことなくてもできそうで、面白そうなら「できます!」って言って受けてます。ある程度までは、やったもん勝ちと思ってます。就職もそう言って勝ち取ったりしてますね。できないのにできるって言っちゃうのは、図々しいと言われることもありますが、もちろん裏ではすげえ勉強したり努力しますよ。

ちょっと勉強してちょっと経験積めば6割までなら行ける。プロフェッショナルにはなれないけど。で、6割できることが10個あると別の仕事になったりする。

 

大昔はそんなこと思ってなかったんですが、初めての会社で、専門外のあらゆることをやらされたんですね。それもこれも、会社にカネがないから。

経理が専門なのに、他人に頼むとカネがかかるからお前やれって言われて、写植をカッターで切り抜いて直したり、シナリオ書いたり校正やったり、何でもやらされました。いっぱい怒られて毎日半泣きでしたが、そのうち、そこそこ普通にできるようになりました。で、大体のことはできるもんだって覚えたんですね。

で、なんか「やってみたかったけど、やったことなかったこと」をやってみることにしています。

 

どのような仕事であれ、仕事である以上カネが大事なので、つまるところ最も重要なのは、やはり営業です。クライアントとの関係を構築して、やりやすい環境を作る、カネを引っ張る、などなど。いくら技能を増やしても、案件を貰えなければ何にもなりません。

今ある仕事はプー時代の営業の名残です。リーマン復帰した今は営業する時間がなく、来年度以降の芽はない。どうしよう。

 

話にまとまりがなく脱線しまくりですが、不真面目な意味での副業(と私が思っているもの)は、不用品をたまに売るとか、ソーシャルレンディングとかiDeCoとかNISAとかです。

投資はちゃんと稼いでいる人にとっては紛うことなきビジネスだと思うし、別に不真面目にやっているわけではないけど、副業?なの??と思ってしまう。なんかちがくね?自分が稼げていないからでしょうか。

不真面目でもいいから稼げればいいんですけどね。

【2019/3】配当31.14ドル+2,706円。

さあ新年度!と、まともな配当貰って一年経ちました。少ないけど、やらないよりやった方がマシなのかな。不安になりますね。

外貨建て

PFF 7.67
VWO 0.15
HDV 1.48
VOO 3.94
VPU 1.71
VTI 4.17 
VYM 5.87
VT 0.51
XMLP 3.60
MMF 2.04

合計31.14ドル。投資残高(ドル転額・MMF含む)1,350,324円。全然ドル転も進んでないし買ってません。予定では60万ほど買ってないといけないんだけど。あとQQQがないね。

ソーシャルレンディング

トラスト 1,430 + SBI 1,276 = 2,706円

SBIの方は一本(10万)償還がありました。投資残高は398,296円です。年末には10万未満になってる予定です。トラストの燃料案件が来年7月まで残りますが、他は5月にSBI20万、8月にトラスト10万が償還予定。

iDeCo

年金資産評価額 159,495
運用金額 157,182
評価損益 2,313

ひふみ年金レオス(10%)がマイナスだけど、後はプラス。先月より評価益下がってまっせ。手数料回収はいつの日になるのか。

 

近況

時間が取れないって言うより、微妙に疲れてるっていうかいろいろできないんですよね。花粉症で生活習慣が混乱してるからなんですが、何事も健康が最強ですね。

 

2019年:今年の家計予測と目標利息。

昨年の今頃に表題のような記事を書いていたようなので、今年について書いてみます。

 

過去の自分によれば、180万貯めて、利息は36,000円の予定だったらしい。

貯蓄については、200万を軽くoverしました。予測と異なったのは給与が高めに出た(残業がついた&賞与が多かった)からで、あとはまあ大体予想通り。

利息については、先々に記事にしたけど下記のとおり。

本日のGoogleドル転によれば、76.64ドル=8,424円なので、合計すると 34,043円。12月分配当が1月にずれ込んだことを勘案すると大体合ってる?

iDeCoも含めて年末投資額合計は186万。年初は0円だったので、満遍なく投資したとして年間平均投資額は93万。その3%は2.8万なので、一応「年3%で運用するぞ!」は達成したかな。まあ評価損でぶっ飛んだけどさ。

 

さて、今年です。今年の配当利息はソーシャルレンディングがコケなければ14,000円貰える予定。海外株等は昨年のNISA115万の3%が約35,000円と、今年120万の3%の半分で18,000円だから、合計で53,000円。二種類合わせて、71,000円が貰えそうな額。

で、年末の予定投資残がNISA235万(今年120万追加)、ソーシャルレンディング10万、iDeCo39万の合計284万。増減額は98万なので、その半分と年初分を足すと235万。その3%は7.1万だからピッタリですわね。

というわけで、今年も年3%で運用できる予定。あくまでも予定。

 

貯蓄についていうと、今年は副業の当たり年&昨年より少し給与が上がるけど、家電の買い替えを予定している&未確定額の出費がありそうなので350万程度を見込んでます。理想は400万超だけど厳しいだろうなあ。

来年はもうでかいヤマは来ないと思うし、来ても時間がなくて扱えない。昨年からほんとにしんどかったです。なので、今年は「貯めシステム」を進化させたいところ。時間管理と断捨離が必要ですね。

40代無貯金から敗者復活するには?

確定申告してきました。なんか大した収入じゃないのに枚数の多い申告書もってったんですが、何が入ってるのかスーパーのカゴに入った高さ30センチくらいの申告書持って並んでる人がいて、それ何の申告ですか?って聞いてみたくなりました。面倒くさそうでいいなあ。羨ましい。

 

こないだの記事で30~40代で無貯金の人が4人に1人と出ていましたが、サンプル1000人かつ、上下10%を排除した結果だったのでなんとも言えないけど、正直そんなもんよねと思いました。つい先日までほぼ無貯金だったので身に沁みます。

 

月3万程度は余裕あるっぽいから、半分貯金に回せば年20万くらい、頑張れば年40万くらい。それくらいが一番おカネが貯めにくいのかもと思わないでもない。

一年頑張っても月給とちょっと程度って思うとやる気起きない。かと言って超ガンバッテ100万はかなりキツイ。それくらいなら安穏と日々を楽しみたい。おいおい俺のことかよ。

 

ちょっと前に、金持ちがしないこと3つという記事を見ました。曰く、「テレビを見ない、ゲームをしない、ネット(動画とかまとめかな?)見てだらだらしない」らしく、どこぞの記事では「時間を無駄にしない」とまとめていましたが、私はそれはつまり「思考停止するようなことをしない」だと解釈しました。

 

嫌だからやらない、も大事です(いじめられたら我慢せずダメなら逃げろ派)が、嫌だからこそ解決するとか、嫌だからこそイヤじゃない方法を考える、の方がもっと大事です。「貯金が欲しいけど、我慢するのは嫌」なら、我慢せずに貯金する方法を考える。

で、我慢せずやってみたら全く貯蓄できませんでしたね。

そいで「貯金がないのが不安で嫌だVS節約などで生活を我慢するのが嫌だ」を天秤にかけて、どっちを取るか考えました。次に、「半端に我慢して半端に貯めるVS最初はかなり我慢が必要だけどいっぱい貯まる」を天秤にかけました。で、かなり我慢する方を選んで、人並みに追いつくことにしました。

年20万とか40万では追いつくのは無理なので、最低年100万です。決めてしまったので、ほんとに、できることをできるときに、できるだけやってます。続けていると考え方が変わるので、どんどん楽になるし、貯金て不思議で年々貯められる金額が増えるんだよね。

 

あと自分がここポイントって思うことは「自分に何ができるのか(またはできないのか)」が自分ではよく分かってなかったりすること。そこはトライ&エラーを繰り返すしか無いので、嫌で辞めた会社に再就職してみたり、運転免許を取りに行ったり、動画を作ってみたり、苦手なこと得意なこと含めて色々やってみたし、現在進行系でやってます。貯蓄もその一環かもしれない。

40になると、昔簡単だったことがちょっと大変になったりしてきます。逆に今までできなかったけどできるようになっていることもあるはず。うまく行かなくても、諦めずにいろいろ試して、できることが増えるといいことあるかもと思うのです。

【2019/2】配当8.80ドル+2,961円。

さて、子供は一応大学合格したのですが、まーなんだ、浪人するらしいね。大学が一年伸びるとか大学院に行くこととかも想定していたので、あんまり大きな変更はないです。まあでも行く気がないなら受けなくても良かったんじゃないか、とは思うのでした。

 

外貨建て

PFF 6.86
MMF 1.94
合計8.80ドル。投資残高(ドル転額・MMF含む)1,310,324円

今日になってドル高来ましたね。年末から回復したものの、相変わらずトータルでは評価損です。こんなに値上がってんのにどんだけアホなのってか。そんな中、何の気なしにZMLPを10口、ポチってしまいました。配当は驚異の10%超えです。うーん、そういうの大好き!なのかな。だって買いたいものが値上がりしちゃったんだもーん。

ソーシャルレンディング

トラスト 1,728 + SBI 1,233 = 2,961円

SBIの方でも若干の償還がありまして、投資残高は498,459円という半端な金額になってます。トラストレンディングヤバイっすね。燃料の案件に10万と沖縄砂利船に10万入れてますがどうなることやら。でも、SBIソーシャルレンディングの方が入れてる額が高いのに利息は少ないでしょ。投資したくなるわけだよ。

iDeCo

年金資産評価額 137,389円
運用金額 134,349円
評価損益 3,040円

ひふみ年金レオス(10%)がマイナスだけど、後はプラス。でもまだ手数料回収出来てませんです。

 

近況

副業の方で年度末に締め切りがいっぱいあってヒーヒー言ってます。年度明けたら次の案件がありますが、今年はもう少し時間を作りたいです。

最近の悩みは、結構短期にカネが増えちゃって預金が余っちゃうってこと。吹けば飛ぶような金額なので、とりあえず短期の定期に突っ込んでありますが、両建て復帰したい。しかし今ヨユーがないって感じですかね。

【2019/1】配当92.69ドル+3,397円。ドル転のみ。

支払調書とかが揃わないけど、確定申告の準備っていうか、国税庁サイトでとりあえず作成しちゃいました。今年もナイス還付、楽しい・・・っていうか、必要以上に取られてるのを取り戻しただけで怒るべきところかな?

青色申告会でバイトしてたんで他人のは何度もやっていたけど、今年始めて自分の申告で株関係の部分をやってみた。つうか売却してないので損益ないし、配当はNISAだけなので、実質なにもないのだがMMFの取引がありましたわ。

 

外貨建て

VT 0.89ドル
VTI 3.90ドル
VWO 0.47ドル
VYM 6.66ドル
QQQ 1.89ドル
WBK 78.88ドル

92.69ドル。1万円分くらいになりますね。嬉しいねっていうか、去年一年分の配当上回ってんぞ、おい。評価損は65,000円くらいになってます。

今月はドル転のみで購入はなし。ドル転したら基本的に株ETFを買うのだけど、一時的にMMFに入れておくことも多いです。んで、MMFの出し入れ取引高が昨年一年で円換算で26万ほどになってました。んで、差額が▲3,300円になってました。円高に向かうと為替差益がでちゃうのかな?どうなるんだろう。取り敢えず損失なので繰り越す。

 

ソーシャルレンディング

トラスト 1,795円
SBI 1,602円

3,397円。税引き後ですね。トラストレンディングは業務停止処分後も新規会員登録と新規ファンド募集はしないそうで、今後が不安。でもManeo系列のLCからは取引報告書がまだ来ないが、トラストからはちゃんと来たよ。

申告に関して言えば雑所得で申告できるので、税率が低いなら還付されます。つうか銀行利子も還付しろよだわ。今思いついたが、FXも年次繰越しようかな。どうせ修正するし、そうしよう。

 

iDeCo

なんか確認するのが面倒なんだけど、こないだ損失が▲4,649円になってて、ヨロシク!かよ、と思ってちょっとおもしろかったです。まあそんな感じ。

 

今年の確定申告は、所得控除に確定拠出型年金とふるさと納税、雑所得にソーシャルレンディングとFX、外貨建てMMF取引の総合分離課税の計算と山盛り。もちろん普通の青色部分と、外注引受分の源泉されてるやつが3件、もちろん給与分も。

年収平凡な一介のサラリーマンとしてはかなり面白いことになりました。住宅控除が無いのと、保険は旧保険の一般生命5万しか控除がないのが残念。NISA期間が終わったら外国税額控除が来るのが楽しみ。

それもこれも国税庁サイトが異常に使いやすいせいです。青色申告会で使ってたやつより使いやすい気がする。税理士不要になる日は近いなあ。

 

 

昨今の大学受験と損失で胸が痛むことについて

先日1年もの定期50万が満期で還ってきて、利息は797円でした。利率0.2%の源泉所得税控除後なんですが、こーんなハシタ金でも嬉しいよ、マジで。自分でも不思議だけど。

 

当該50万の大半は大学受験費用に消えました。センター利用で2万円、一般で受けると3.5万円が1回あたりの大学試験費用相場で、昨今は塾でも学校でも10校前後の受験を推奨してるんで、まあ20~40万くらいはどこのご家庭でもかかっているのではないでしょうか。

大学は完全に入試でビジネスをしており、まんまとそれに引っかかっております。一般試験を受けるとセンター利用は無料とか、同日に受けると割引とか、旅行会社かよ。と、私立はネット回線とプリンタとメールアドレスがないと受験が不可能になっており、ちょっと驚きました。役所みたいに紙対応が存在しません。

うちは中学から持たせていたけど、頑なにスマホを禁止して親も持たない方針のご家庭なんかどうすんだろう。ネットカフェ行けって書かれているが、操作に慣れていない人がするにはちょっと手続きが複雑かと思う。要項とかも考えると、プリントアウトする量も半端じゃないし。

 

というかね、中学生あたりから志望の進路をさり気なく確定させていき、勉強する習慣を養ってやり、「どこそこ大学で何それの研究をしたい」という意志的な高校生を育成すると良かったのだろうな、と今になって思います。

そうできたら、塾代含めて塾受験代は半分以下で済んだだろうに後の祭り。まあしょうがない、親がアホだから。

ところで、一日でネット申請を片っ端から済ませていって、一気に40万ほど支払うと、途中から「自分のカネ」ではなく「数字」になってきて胸が痛まなくなります。つうか、振込が仕事だからかしら。

 

この、797円が嬉しい一方で40万の支払いがどうでもいいとは、人間とは不思議なものです。しかし、この胸の痛ましさをコントロールできるとかなり有利じゃないかなと思うのです。損失が平気になるってのは諸刃の剣でしょうけどね。

恐らく、797円は貰えると思っていなかった(予算に計上していなかった)けど、40万円は想定していたからという違いがあるからでしょう。ピコーン!損失を想定してれば胸が痛まないよ!とはいえなかなか達観できません。だってカネが得られると思うから投資するんだしね。

 

それはさておき、一般に最も貯められない「大学生の子供を持つクライシスな中年」期間がやってきました。引き続き、前年比1%以上の節約をじりじりと実施しつつ、使いつつ貯蓄に励みますよ。